自立支援医療(育成・更正医療)指定医療機関
豊中市玉井町1-9-14 エスカル栄和2F
TEL:06-6852-1171
HOME
医師紹介
診療時間・地図
クリニック紹介
お問い合わせ

豊中市の矯正歯科。見えない矯正、マウスピース矯正に対応

矯正専門医

MORISADA BLOG
モバイルサイト
HOME»  矯正専門医

矯正医の資格

日本では、歯医者であれば「矯正歯科医」と名乗ることができます。
つまり、矯正歯科について特別に学んでいない歯医者でも、矯正歯科の診療を始めることができてしまうのです。

そこで、国が公式に認めている矯正歯科学の統括的専門学会である日本矯正歯科学会が経験や知識などを元に「認定医」と「指導医」、「専門医」といった資格制度を作り、皆様が治療を受ける上で、医院の選択材料を提供しています。

日本矯正歯科学会

なぜ矯正専門医なのか?

日本の歯科医師免許

日本の歯科医師免許

日本の歯科医師免許は、国家試験に合格しさえすれば専門知識が
乏しくても診療科目として矯正歯科はもちろん小児歯科、歯科口腔外科でも診療科目として掲げる事ができます。

しかし矯正歯科の場合は他の科と違い非常に専門性が高く、
またセファロ分析といった高度な分析技術と診断能力及びそれを反映させる治療技術を必要とされます。

矯正歯科のスペシャリスト-認定医

そのため、矯正歯科のスペシャリストである日本矯正歯科学会認定医になるためには、
最低7~8年かけて大学病院の矯正歯科や様々な矯正歯科関連の学会に所属しながら診断及び治療技術のトレーニングを行いつつ矯正関連の研究論文と資格試験に合格する事が必要なのです。

矯正専門医で治療をおすすめする理由

矯正専門医

近年、独学もしくは2、3日の講習会などで矯正治療を始める一般歯科・小児歯科医の増加により、我々矯正歯科専門医から見ると非常に稚拙な診断及び治療技術により、抜く必要の無い歯、もしくは抜いてはいけない歯を抜いていたり、矯正治療前よりも噛み合わせが悪化していたり、顎関節症を発症したり、治療期間が非常に長い等々の苦情が年々増加しています。
ただ、中には一般歯科医・小児歯科医で矯正歯科治療もきちんとできる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、矯正歯科医は100人の患者様を診たら、100人全員が矯正歯科の患者様。
100時間勉強したら100時間矯正に関する勉強をしているわけですから矯正歯科患者が数%に満たない一般歯科・小児歯科の先生との違いは小さくないはずです。

以上のことから矯正治療を考えておられる方、もしくはお母様は、一度矯正歯科専門医院での相談を受けられる事を強くおすすめいたします。