自立支援医療(育成・更正医療)指定医療機関
豊中市玉井町1-9-14 エスカル栄和2F
TEL:06-6852-1171
HOME
医師紹介
診療時間・地図
クリニック紹介
お問い合わせ

豊中市の矯正歯科。見えない矯正、マウスピース矯正に対応

見えない矯正

MORISADA BLOG
モバイルサイト
HOME»  見えない矯正

見えない、目立たない矯正治療のメリット

現在日本では、矯正治療は学生のうちに行っておく治療であると考えている方が多くいらっしゃいます。
大人になり、矯正治療の必要性を自分自身で認識するようになっても、矯正装置に対して社会的事情により歯の表面に装置を付けることができない方がいます。
営業や接客等のお仕事や交友関係に支障がでると思っていらっしゃる方が多いのです。
ちなみに欧米では、歯並びや咬み合わせが悪い方が社会的に支障があるといわれています。
そのような方に見えない、目立たない矯正をおすすめしています。

リンガル矯正

マウスピース

リンガル矯正とは、歯の表からではなく裏側から装置をつけて行う矯正歯科治療のことです。これまで「歯並びを治したいけれど、矯正装置が見えるのがちょっと...」と矯正歯科治療に踏み出せなかった方におすすめする矯正歯科治療法です。

この装置の最大の特徴は、「見えない」ということに尽きます。装置が歯の裏側に来ることで発音や舌への不快感を感じる方もいらっしゃいますが、近年ブラケットも小さくなり快適性も向上しています。

リンガル矯正(裏側矯正)のメリット
  • 装置が見えない
    口を開けたときに装置が見えないことにより、精神的に安心して治療を受けることができます。
  • 口元の変化が確認できる
    表に付ける装置と比べ、装置自身の厚みによる口元の突出感がないため、自然な口元が確認できます。
  • 唇に装置による傷がつきづらい
    野球やサッカーなどの球技や、柔道や空手などのスポーツ時でも口唇を傷つけることが少ないです。
  • 吹奏楽を行っている方
    楽器の種類にもよりますが、裏側の装置だと音質の変化が少なく楽器を吹き続けることができます。
リンガル矯正(裏側矯正)のデメリット
  • 初期の頃はブラッシングが難しい
  • 一回の治療時間が長い
  • 他の矯正治療とくらべ治療費が高い

ハーフリンガル

上の歯は裏側に下の歯は表側に矯正装置をつけます。
上の歯は表側に装置をつけないので比較的装置が目立たず、下の歯は表側へ装置をつけるので発音や舌への不快感も軽減でき、口元が出っ張ることがないため横顔のイメージを崩さずに治療が可能となります。

表側矯正治療の最大のメリットである「快適さ」を兼ね備え、表側の最大のデメリットである「装置が見える」という不快感を軽減した矯正治療法です。「装置が多少見えてもいいけど快適に矯正したい」 という方のニーズにお応えします。

ハーフリンガルのメリット
  • 矯正装置が比較的目立たない
  • 矯正治療中の装置の厚みによる口元の出っ張りがない
  • リンガル(裏側矯正)とくらべ料金が安い

インビザライン

最新のマウスピース矯正

インビザラインは、米国のアラインテクノロジー社が開発したうすい透明のマウスピース型の矯正装置です。

装置はマウスピースなので、つけているのがほとんどわからず、また2週間に1度のペースで、マウスピースを作成し徐々に歯を正常な位置に動かしていきます。装置の調整が必要ないため通院も1.5~3ヶ月の間隔で治療が可能になります。

目立たない矯正器具、通院回数の少ない矯正治療をご希望される方へおすすめの最新の矯正治療です。

インビザラインの特徴
  • 「透明」であるということ
    インビザラインは薄い透明のプラスチックでできているため、装着してもほとんどわかりません。
    矯正治療中であっても口元を気にせず笑顔を見せることができます。
    相手に伝えない限り、おそらくは誰も治療を受けていることに気づきません。
  • 自分で取り外し可能、しかも快適
    インビザラインは自分で取り外しが可能なため、ブラッシングがしやすく他の矯正装置と比べ歯にプラークが付きません。またワイヤーを使用しないため、口の中を快適に保つことができます。日頃の多忙なライフスタイルにも支障はありません。
    自分で取り外し可能なので、食生活もこれまで通り行えます。

精密なマウスピース造形技術

マウスピース

インビザラインで使用するマウスピースは、3Dデジタル化された歯列から光造形(CAD/CAM)技術を利用して作られています。

この技術は世界でもアライン社しか行っておらず、「クリンチェック」と呼ばれる独自の治療シミュレーションソフトを使用し、矯正医とアライン社のプログラマーが情報交換を行いながら、精密なマウスピースを作り上げていきます。

世界で認められた確かな実績

世界で認められた確かな実績

インビザラインは、これまでに全世界で4万名を超える先生方に使用されており、100万人を超える患者様が実際に治療を受けています(2008年12月末現在)。

米国のアンケート調査結果によれば、インビザラインによる治療を受けた患者様の87%がインビザラインによる治療結果に「非常に」、もしくは「極めて」満足しているとの結果が出ています。 (米国大手マーケティング調査会社が2004年4月に225名を対象に実施)

クリアライナー

クリアライナーは、従来の金属装置を装着する事をためらってきた方に、最適の矯正法です

クリアライナー

クリアライナーは、患者様一人一人のためにカスタムオーダーで製造されるマウスピース型の透明な矯正装置を付け替えていくというだけの全く新しい矯正歯科治療の方法です。

クリアライナーによる矯正治療なら取り外しができるため、歯磨きも普段どおりできます。お子様にも安心してすすめられます。

矯正歯科治療は患者様の協力が非常に大切な治療です。
そのため、せっかく治療を始めても、目立つしわずらわしいからと矯正治療を途中で断念してしまうと、矯正治療費が無駄になってしまいます。

装置を装着するストレスも少ないため、普段通りの生活をしながら自然に理想的な歯並びを得ることができます。周りの誰にも気づかれること無く、美しいキレイな歯並びにする、楽しく会話することができる画期的な治療法です。

食事の時間を除いてこの透明な装置を装着するだけです。歯並びの乱れの程度にもよりますが、3週間毎の装置の作りかえを繰り返すことによって数ヶ月で美しい歯並びを得ることができます。

クリアライナーの特徴

従来の矯正治療であるワイヤーやブラケットなどといった固定式の装置は、歯磨きがしにくいため、歯科医師や歯科衛生士の指導に沿って歯磨きをしなければ虫歯ができやすくなります。また、装置による異物感や喋りにくさ、金属アレルギーを引き起こす心配などがありましたが、クリアライナーは違和感が少なく、装置が透明で目立たず、さらに取り外しができるため、これまで歯並びを治したいけれど歯に金具をつける矯正治療に踏み出せなかった方にも安心して始めていただける矯正治療の方法です。

クリアライナーの利点

  • クリアライナーは見た目に良い
    一般的な歯列矯正はワイヤーなどの金属を使用しますが、当クリニックでは透明なマウスピースのクリアライナーを選択いただけます。ワイヤーなどに比べ外見からはわからないほど目立ちません。特に見た目が気になる方にはおすすめです。
  • クリアライナーは食事の時に取り外せる
    クリアライナーは取り外しが可能です。ワイヤーでは取り外せません。
  • クリアライナーは痛みがほとんどない
    矯正治療のご経験がある方はわかると思いますが、ワイヤーなどは口の中を傷つけ痛みが出る事があります。マウスピースのクリアライナーではそのような事はありません。
  • クリアライナーは虫歯や歯周病になりにくい
    ワイヤーなどはブラッシングが難しく、虫歯や歯周病になることがありました。クリアライナーは取り外して歯を磨くことが可能です。

クリアライナーとインビザラインの比較表

  クリアライナー インビザライン
抜歯ケース 不可 可能(補助的装置の併用)
料金 30~50万 65万~80万
治療中の虫歯の治療 可能 可能の場合もあり

※治療費、治療期間等はおおよその目安です。

マウスピース型の矯正装置にはいくつか種類があります。見た目も形もそっくりですが、効果や使用方法に違いがあります。また治療効果や治療が出来る症例の範囲も大きく異なります。

インビザラインは、治療開始前にコンピュータ上にて、治療完了まで全ての治療計画・方法を検討します。
ドクターの承認を得た上で決定される治療計画に基き、米国アライン社の光造形技術を用いて全てのマウスピースをこの初期の段階に作製します。この最先端の光造形技術を利用したマウスピース型の矯正装置は世界にインビザラインしか存在しません。

クリアライナーを代表とするインビザライン以外のマウスピース型矯正装置は現在の歯型から次の歯の動きを予想して、歯科技工士が手作業で新しいマウスピースを作製します。
歯を動かす毎にマウスピースを作製するため多くの型取りが必要になります。
そのため4~6,7回の型取りで治療出来る比較的簡単な症状の改善に適しています。
また矯正治療経験の少ない先生でも治療が可能のため一般歯科医院でも導入されています。

どちらのマウスピース型矯正装置を選択するのが良いかは患者さんの歯並びの状態により決定されます。
基本的に歯を大きく動かすような抜歯が必要となる場合はインビザラインもクリアライナーも適応外です。
1~2歯の歯を動かす場合や矯正後の後戻りの治療にはクリアライナーが適していますし、治療期間が1年以上かかる場合の全体的な治療にはインビザラインのほうが有用なのです。