自立支援医療(育成・更正医療)指定医療機関
豊中市玉井町1-9-14 エスカル栄和2F
TEL:06-6852-1171
HOME
医師紹介
診療時間・地図
クリニック紹介
お問い合わせ

豊中市の矯正歯科。見えない矯正、マウスピース矯正に対応

矯正治療案内

MORISADA BLOG
モバイルサイト
HOME»  矯正治療案内

矯正治療について

矯正治療

キレイな歯並びを得るために遅すぎることはありません。

しかし、矯正治療には個人差があり最適な治療のスタート時期があります
気になるところがある場合には、歯科検診などで指摘されていなくても、一度矯正の専門医に相談してみることをおすすめします。症状や状態によっては、早い時期に治療をしたほうが良いケースもありますし、ある程度待ってから治療を始めるなどと最適なスタート時期が変わります。

私は矯正専門医としてそれぞれの年齢や症状にもっとも有効な治療時期と方法をご提供しております。

成人矯正は、どの年代の方でも矯正治療は可能です。歯の根の治療がされていて神経がない歯も、歯の根の先に病気がある歯でも矯正治療によって歯は動きます。最近は、口元への美意識の高いことから審美的に改善することはもちろん、口腔内の予防的な意義から、多くの方が矯正治療を行っています。

また、矯正治療は長期にわたる治療のため、治療の途中で進学や転勤のため治療が困難となる場合があります。
このような時は転居先の近くで通院が継続できる医院を責任を持って紹介させていただいております。
相談は無料ですので、歯並びや噛み合わせが気になる方は、是非一度お気軽にご相談ください。

歯並びの種類

出っ歯(上顎前突) 出っ歯(上顎前突)
上の前歯が強く傾斜している場合と、上顎の骨自体が前に出すぎている場合の2種類があります。
受け口(下顎前突) 受け口(下顎前突
前歯はふつう、上が外側に出て下が内側になっています。その状態が反対になっているのが受け口です。
前歯がかみ合わない(開咬) 前歯がかみ合わない(開咬)
口を閉じても、前歯や側方の歯が上下で噛み合わない状態です。前歯で物が噛み切れない場合が多いです。
八重歯(叢生) 八重歯(叢生)
顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪いため、歯の生える場所が足りなくなり、デコボコの状態になっています。

矯正治療の目的

歯並びは、口の中の健康だけでなく、心と体の健康に大きく関与しています。歯並びが悪いとさまざまな支障をきたします。

(1)審美性 歯並びで顔の印象は大きく変わります。
整った美しい歯並びは美しい笑顔をつくり、相手に好印象を与える重要なポイントであると言えます。
(2)咀嚼(そしゃく)機能 歯の最も大切な役目はものを食べる機能です。
前歯で食べ物を噛み切り、奥歯で噛み切られた食べ物をすりつぶして、食道を通じて飲み込みます。
咀嚼機能の低下は胃腸障害の原因にもなります。
また噛む刺激が脳に伝達し、体の成長にも大きく影響してきます。
(3)発音 歯並びや歯の喪失は発音に大きな影響を与えます。
歯並びが悪い方や歯の喪失本数が多い方の発音は、とても聞き取りづらく、コミュニケーションにも悪い影響を与え、精神的にも大きなストレスがかかります。口の周りの筋肉にも影響してきます。
(4)虫歯や歯周病のリスク 虫歯も歯周病も細菌感染症です。
歯並びが悪いと、食事の後の汚れを取りづらく、細菌の巣であるプラークや歯石が残りやすく、虫歯や歯周病になりやすいといえます
(5)顎関節症(がくかんせつしょう) 顎関節症は耳の前あたりにある下顎の関節のことで、口を開けたり閉じたりしたときに動いている部分です。「顎の関節が痛い」、「顎を動かすと音がする」、「口が開かない、または開きづらい」といった症状が特徴です。最近、特に若い女性の方に増えています。顎関節症の方の中には下顎が横にズレていて、顔がゆがんでいるケースも多く見られます。
また、頭痛、肩こり、腰痛など全身症状を併発している方も稀ではありません。

矯正治療の流れ

歯並びは、口の中の健康だけでなく、心と体の健康に大きく関与しています。歯並びが悪いとさまざまな支障をきたします。

初診・相談 噛み合わせや歯並びについて、適切な開始時期や矯正料金の目安についての相談・説明を行います。
精密検査 歯や顔のレントゲン、口や顔の写真、歯型など治療計画に必要なデータを取ります。
診断 精密検査の結果をもとに現在の状態、治療計画、治療方法、矯正料金などについての説明を行います。
矯正治療の流れ
部分矯正 子供の矯正早期治療 大人の矯正
  • 永久歯の全体的治療
    ※基本的に4週に一度の来院です。
  • 保定予後観察
    来院の間隔は1ヶ月、2ヶ月…と、徐々に間隔を開けながら観察していきます。
  • 治療終了
  • (第一期治療)
    基本的に4~6週に一度の来院です。
  • 成長観察
    基本的に3~4ヶ月に一度の来院です。
  • 永久歯の全体的治療
    (第二期治療)
    基本的に3~4週に一度の来院です。
  • 保定予後観察
    来院の間隔は3ヶ月、半年、1年…と、徐々に間隔を開けながら観察していきます。
  • 治療終了
  • 永久歯の全体的治療
    基本的に4週に一度の来院です。
  • 保定予後観察
    来院の間隔は3ヶ月、半年、1年…と徐々に間隔をあけながら観察していきます。
  • 治療終了

矯正装置の種類

白い装置

白い装置

半透明で目立ちにくく、最もポピュラーな装置です。
矯正中は歯の動きに合わせてワイヤーの種類を替えていきますが、ワイヤーを白くすることも可能です。

金属の装置

金属の装置

世界的にもっとも一般的な装置です。
治療費も安く、金属の特性により薄くて丈夫です。
歯ブラシによるお手入れも比較的簡単にできます。

ローフリクションブラケット

特殊なシャッターの構造で、ワイヤーをきつく固定しないため、歯がすべるように迅速、効果的に移動できる装置です。従来の装置に比べて、歯が動くために起こる痛みがほとんどなく、3ヶ月~半年程治療期間が短縮されます。

スピード矯正(ローフリクションブラケット)

ムーシールド

ムーシールドは、低年齢児(3歳ぐらいから)の反対咬合(受け口)を治療する矯正装置です。
取り外しのできるマウスピースの装置で、就寝時のみの使用で治療の効果を上げることができます。

ムーシールド

インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療)

長さ6~8mm、直径1.5mm、耳につけるピアス程の、生体に親和性のあるチタン製のねじを歯ぐきの骨に付け、これを固定源として歯並びをキレイにします。

従来であれば、ヘッドギアーと呼ばれる帽子をかぶる装置を毎晩使わなければなりませんでしたが(頭に固定源を求めるため)、インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療)では、骨に固定源を求め矯正力を加えるので、ヘッドギアーを使用しなくても、歯を確実に速く動かすことができます。

インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療)の利点
  • 抜歯が必要であった治療も非抜歯でできる可能性が高くなります。
  • 治療期間が減少します。
  • 外科的手術が必要であった患者様の場合でも矯正治療単独でできる可能性が高くなります。
インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療)のデメリット
  • インプラントを埋め込む必要があります。
  • 挿入後にまれに痛みが出ることがあります。(抜歯と比べるほどなく痛みはほとんどないのが通常です)

インプラント矯正