診療案内|森定矯正歯科クリニック|豊中市の矯正歯科

診療案内

成人矯正治療

矯正治療に年齢制限はありません。歯並びが気になり始めた時が、治療を検討するべき時です。当院ではいくつもの選択肢をご用意し、患者さまが治療を続けるためのお手伝いもしています。歯並びの悩みは、当院でご相談ください。

患者さまのご希望や社会生活と治療の両立をかなえられるよう、装置の種類はいくつかご用意しました。金属の器具(ブラケット)とワイヤーを付ける一般的な装置は薄くて丈夫な上、固定式の矯正装置の中では歯磨きがしやすいのが特徴です。目立ちにくいものをお求めなら、歯の色になじむ白い器具もお選びになれます。さらに、ワイヤーも白くすることができます。

歯並びの気になる部分をピンポイントで動かす「部分矯正」も行っています。すきっ歯や、部分的なガタつきだけを治療したい方には、こちらがおすすめです。

一口に「成人矯正」と言っても、20代で見た目を良くしたい方や30~40代で余裕を持ってチャレンジしたい方、50代以上で加齢によって歯並びが乱れてきた方など、ご理由は様々だと思います。当院はそれぞれのお気持ちに寄り添い、治療のご提案をいたします。結婚式や就職に向けた矯正もご相談ください。治療期間を調整したり、イベント当日だけ装置を外したりといった対応が可能です。

小児矯正治療

歯並びや噛み合わせに心配な箇所がある場合は、なるべくお子さまのうちに治療を始めるとよいでしょう。あごの成長を利用することで、多感な10代後半を迎える前に治療を終えることができ、歯並びを整えるために歯を抜くリスクも抑えられるからです。

あごの成長が不十分で歯が並ぶスペースが足りない時は、歯を抜くしかありません。また、受け口の治療はあごの成長に頼るところが大きく、永久歯が生えてからだと複雑な装置を使わなくてはならなくなります。

その点、早めに治療を始めると、歯が生えそろうのに十分な広さをつくりやすくなり、装置もシンプルなものが使えます。場合によっては2段階目のワイヤー矯正に移るまでもなく、治療を終えられることすらあるのです。

整った歯並びは、見た目だけでなくお口の健康にもいい影響を与えます。整然と並んだ歯には歯ブラシが当てやすいので、間接的な虫歯・歯周病予防になります。

また、当院は「自立支援医療(育成・更生医療)指定医療機関」です。こちらは唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)やダウン症など、障害や病気に起因する歯並びや噛み合わせの問題を保険適用で治療することができます。お子さまはもちろん、大人の方も対象です。矯正治療を通し、より快適な日常を手に入れましょう。

目立ちにくい矯正治療

「矯正をしたいけど、装置が気になる」という方のために、当院は目立ちづらい矯正装置をご用意しました。営業や接客など人と接するお仕事をされている方は、装置を付けた時の見た目が特に気になると思います。

「舌側矯正」は歯の裏側に装置を付ける方法です。装置が歯で隠れてしまうので、お口を開けてもほぼ見えません。唇を傷つけにくい上、吹奏楽などの楽器を演奏される方にも向いています。装置が舌に当たるのが気になる方もいらっしゃいますが、近年は装置自体も小さくなり、邪魔になりにくくなっています。

一方、「ハーフリンガル矯正」は、上の歯は裏側に、下の歯には表側に装置を付ける治療法です。上の装置は裏側にあるので目立ちにくくなります。下側の装置は表側にあるため、装置が舌の動きの邪魔になりません。舌側矯正の「目立たなさ」、表側矯正の「快適さ」を兼ねそなえた装置といえるでしょう。「多少は装置が見えてもいい」という方におすすめです。

また、当院はマウスピース型矯正歯科装置を用いた矯正歯科治療も取り扱っています。こちらは透明なマウスピースを使う治療です。興味のある方は、歯科医師にお尋ねください。